……………………………………………………………
5月末に亡くなった42回生K君・・。
部活で協賛広告載せようと、数十年ぶりに元部員から連絡を受け、闘病中であると告白。
鞍陵祭がきっかけで、青春時代を過ごした仲間と言葉を交わし、面会に訪れた元部員と会ったことは、K君にとってどんな意味を持ったんだろう・・。

またある時は、送られてきた協賛金と共に1通の手紙が。
奥様が鞍高の同級生で、二人で鞍陵祭に行きたいと話していたが、若くして病気で他界し叶わず・・。妻の分まで協賛金を同封します・・と。
鞍陵祭って・・・。
それぞれの人生の中で、一言では言い表せない色んな意味あいがあるものなんだ・・と考えさせられました。
……………………………………………………………

(文:宮崎(武内)真由美)

今回、部員一同で協賛広告を出してくれた、ある部活にK君は所属していました。
広告には、彼の名前も写真も掲載されています。



心よりご冥福をお祈りいたします。



また、既に若くして他界されている同窓生も数名いらっしゃいます。


鞍陵祭当日には、約30年前、たった3年間という短い間だったけれど、濃くて特別な時間を共に過ごした彼・彼女達の思い出話もたくさんできたらな、と思います。


8月4日、一生に1度の同窓会。

集おう、母校に。
IMG_6829

 special thanks to 宮本(野中)満子ちゃん
◆リンク集◆    

鞍陵会 http://www.anryo.jp/
東京鞍陵会 
鞍手高校43回生(2019鞍陵祭実行委員会)
鞍手高校41回生(2017鞍陵祭実行委員会)    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
◆42回生のご参加お待ちしてます◆    
鞍陵祭 2018 問合わせ先:鞍手高校42回生鞍陵祭事務局 kurate42@gmail.com  担当:松村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・